MENU
avan
avan
LINE avanを友達に追加 Instagram FOLLOW ME!

「小麦を摂取するといつも体調が悪くなる気がする」

そんな悩みを抱えている人は、小麦アレルギーかどうか簡単にチェックできるのをご存じですか?

この記事では、小麦アレルギーの疑いがある人へ3つの対処法をお伝えします。

この記事を読めば、小麦アレルギーへの悩みや不安を解消できるはずです。

ぜひ最後まで読んでみてください。

【チェック表】小麦アレルギーの症状とは

小麦アレルギーは、体が小麦に含まれる特定のタンパク質に過敏に反応することによって生じます。

ここでは、小麦アレルギーの症状について詳しく見ていきましょう。

1. 消化器に関する症状

小麦アレルギーによる消化器系の症状は、腹痛、吐き気、嘔吐、下痢、腹部膨満感などが含まれることがあります。

とくに、小麦を含む食品を食べた後すぐに、これらの症状が現れることが一般的です。

これらの症状は、小麦アレルギーの診断において重要な手がかりとなり、適切な食事管理や治療によって緩和できます。

小麦アレルギーによる消化器系の反応は個人差があります。

軽度の不快感から重度の消化不良まで幅広いため、症状が現れたら専門の医師に相談しましょう。

2. 呼吸器に関する症状

小麦アレルギーによる呼吸器系の症状は、鼻水、くしゃみ、鼻詰まり、咳、喘鳴(ぜんめい、呼吸時のヒューヒューという音)、呼吸困難などです。

呼吸器系の症状は、小麦アレルギーの中でも特に注意が必要なものです。

重症の場合にはアナフィラキシーという命に関わる状態に至るリスクもあります。

そのため、これらの症状が現れた際には、迅速に専門の医師の診断と治療を受けることが重要です。

3. 皮膚に関する症状

小麦アレルギーに起因する皮膚の症状は、皮膚の発疹、蕁麻疹(じんましん)、湿疹、かゆみなどがあります。

とくに、小麦を含む食品を食べた直後にこれらの皮膚反応が現れるでしょう。

蕁麻疹は赤い盛り上がった斑点として現れ、かゆみを伴うことが多く、湿疹は皮膚が赤くなり、炎症を起こすことがあります。

4. その他の症状

小麦アレルギーによるその他の症状は、全身的な反応や特異的な症状です。

おもに、頭痛、めまい、疲労感、関節痛、筋肉痛などがあります。

また、重度のアレルギー反応では、心拍数の増加や血圧の低下といった循環器系に関する症状が生じることもあります。

これらの症状は、小麦アレルギーが引き起こす免疫反応によって体全体に影響を及ぼすことで発生します。

さらに、小麦アレルギーによる不安やストレスなどの心理的な影響も考えられます。

小麦を含む食品を誤って摂取することへの恐れや、アレルギー反応の危険性に対する心配から生じることが多いといえるでしょう。

小麦アレルギーは赤ちゃんが多い?

赤ちゃんは、比較的小麦アレルギーになりやすいです。

理由は、赤ちゃんの免疫システムが完全に発達していないからです。

そのため、小麦などの食品に含まれるタンパク質に対して過剰に反応しやすくなります。

また、アレルギーは遺伝的要素を持っていることが多く、親や兄弟にアレルギーがある場合、赤ちゃんもアレルギーを発症しやすいです。

大人になってからも発症する可能性がある

大人になると免疫システムが変化し、特定の食品に対する反応が変わることがあります。

これは、体内の抗体レベルや種類が変化することによって起こります。

また、一部の人は遺伝的にアレルギーを発症しやすい体質を持っている可能性があります。そのため、大人になってから突然アレルギーが発症することがあります。

これらの要因は個人によって異なり、アレルギーの発症には複数の要因が組み合わさることが一般的です。

小麦アレルギー疑い3つの対処法

もし、小麦アレルギーが疑われる場合どう対処すればいいのでしょうか?

ここでは、小麦アレルギーの疑いがあるときの3つの対処法について説明します。

1. 1~2週間小麦を抜いて生活する

小麦アレルギーの疑いがある場合、1〜2週間小麦を抜いて生活することが推奨されます。

その理由は、小麦を食事から除去することで、体が小麦に反応していたかどうかを確認できるからです。

この期間中にアレルギー症状が改善されれば、小麦が原因である可能性が高まるでしょう。

反対に、症状が変わらない場合は、他の原因を探る必要があります。

この方法は、小麦に限らず他の食品アレルギーの疑いがある場合にも応用でき、アレルギーの原因を特定する手助けとなります。

ただし、この試みは医師の指導のもとで行うことをおすすめします。

2. 小麦粉を米粉に置き換えて生活する

小麦粉を米粉に置き換えて生活することで、小麦を避けつつ栄養バランスを保持できます。

米粉はグルテンを含まないため、小麦によるアレルギー反応のリスクがありません。

また、米粉は炭水化物、ビタミン、ミネラルを含み、食事の栄養バランスを維持するのに役立ちます。

小麦粉を使用するレシピの多くは、米粉で代替可能です。

そのため、パンやお菓子などの日常的な食事を楽しむことができ、生活の質を落とさずにアレルギーのリスクを管理できます。

さらに、小麦アレルギーの診断が確定していない場合でも、米粉への置き換えにより、小麦が原因である可能性の確認ができるでしょう。

3. 病院で検査してもらう

小麦アレルギーの疑いがある場合、病院で検査を受けることをおすすめします。

どれだけグルテンフリー生活を送っても、根本的な原因がわからなければ解決にはつながりません。

病院で検査を受けて、正しい対処法を教えてもらうことが第一です。

病院に行くのは抵抗がある方も、小麦アレルギーを治すためには必要なことです。

少しでも「小麦アレルギーかな?」と思ったら、病院で検査を受けましょう。

まとめ

小麦アレルギーの症状は、主に以下の3つです。

・消化器に関する症状
・呼吸器に関する症状
・皮膚に関する症状

どの症状も、小麦を摂取してすぐに症状がでるものです。

また、小麦アレルギーを含むアレルギーは、比較的免疫システムが発達していない赤ちゃんに多いです。

しかし、大人になってからも免疫システムが変化し、小麦アレルギーになる可能性は十分にあります。

小麦アレルギーの疑いがある人は「1〜2週間小麦を抜いて生活する」「小麦粉を米粉に置き換えて生活する」などを試して見てください。