MENU
avan
avan
LINE avanを友達に追加 Instagram FOLLOW ME!

「グルテンフリーはやめたほうがいい」そんな声を聞くこともあるでしょう。

この記事では、実際グルテンフリーは体に良いのか悪いのか、グルテンフリーの研究結果からお伝えしていきます。

さらに、グルテンフリーがおすすめの人の特徴も解説するので、気になっている方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

グルテンフリーはやめたほうがいいと言われる主な理由

最近流行している「グルテンフリー」ですが、注意点もあります。

ここでは、グルテンフリーをやめたほうがいいと言われる主な理由について解説していきます。

1. 食べられるものが限定される

グルテンフリーは、食品の選択肢が限られてしまいます。

例えば、グルテンフリーにすると、日常的な食事で食べることが多い穀物製品(パン、パスタ、一部の加工食品など)を食べられません。

そのため、栄養バランスの維持が難しくなります。

また、グルテンフリー製品は従来の製品に比べて高価で、入手が困難な場合もあります。

グルテンフリー食品は特定の健康問題に対処するためには必要ですが、日常生活に影響を及ぼす可能性があるため、注意が必要です。

2. 原材料確認などが面倒

グルテンフリーを選択する際、もっとも面倒な点は原材料の確認です。

グルテンは小麦、大麦、ライ麦などに含まれるたんぱく質で、多くの食品に使われています。

そのため、グルテンフリー食品を選ぶ際には、パッケージに記載された成分を細かくチェックする必要があります。

さらに、食品の加工過程でグルテンが混入する可能性があるため、グルテンフリーと表示されていても十分な安全性を確認することが大切です。

外食する際も、メニューの成分を確認し、調理過程での交差汚染(※)リスクを避けるための配慮が必要でしょう。

(※)細菌やウイルスなどの有害な物質が、一つの食品から別の食品に移ること。

3. ストレスの原因になる

グルテンフリーは、ストレスの原因にもなります。

食品選択の制限が大きく、普段の食事や外食時に選択肢が限られるからです。

とくに、社会的な場面ではグルテンフリーの料理が少ないため、食事会やイベントへの参加が難しくなります。

また、グルテンフリー食品の値段の高さも、日常生活における負担となるでしょう。

さらに、原材料の細かい確認や、食事の際の交差汚染への注意など、グルテンを避けるための継続的な努力は、精神的な疲労を引き起こします。

こうした継続的な注意と制限は、食事に関連する喜びを減少させ、ストレスや不安を増大させます。

4. 栄養が偏る

グルテンフリーを続けることで栄養が偏る可能性があります。

グルテンを含む穀物製品は、人間の体において重要な栄養源です。

これらには、ビタミンB群、食物繊維、鉄分、マグネシウムなど、身体に必要な多くの栄養素が含まれています。

グルテンフリーを始めることで、ビタミンB群や食物繊維の摂取が減少する可能性があります。

また、多くのグルテンフリー製品は、精製された代替穀物を使用しており、これらは栄養価が低く、糖分や脂質が高いものがあります。

その結果、栄養不足だけでなく、過剰なカロリー摂取につながることもあるため、成分表を確認することが大切です。

【研究結果】グルテンフリーは体に悪いのか?

グルテンフリーが健康に与える影響は、人によって異なります。

小麦を食べると体調が悪くなる場合、グルテンフリーは非常に有効であり、必要な選択となります。

しかし、グルテンを含む穀物には食物繊維、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれており、これらを排除することで栄養不足になるリスクがあります。

そのため、グルテンフリーを取り入れる際には、栄養バランスを考慮し、不足する栄養素を他の食品から補うことが重要です。

例えば、グルテンフリーの穀物、果物、野菜、豆類、肉類などを適切に組み合わせることで、バランスの取れた食事を作ることが可能です。

結論、グルテンフリーは特定の健康状態には利益をもたらしますが、全ての人に必要なわけではありません。

健康的なグルテンフリーを実践するには、栄養のバランスを考慮し、必要に応じて専門家のアドバイスを受けることが重要です。

グルテンフリーがおすすめの人とは?

グルテンフリーの食生活が必要なのは、どのような人でしょうか?

ここでは、グルテンフリーがおすすめされる具体的な状況を解説していきます。

小麦アレルギーなどの疾患がある人

小麦アレルギーなどの疾患がある人は、グルテンフリーがおすすめです。

これらの病気は、グルテンというタンパク質に反応するからです。

小麦アレルギーの人は、グルテンを含む食品を摂取すると、皮膚の発疹や消化器系の不調などのアレルギー反応を示します。

グルテンフリーはこれらの症状を避けるための重要な対策です。

グルテンを含む食品を排除することで、アレルギー反応による消化器系の問題を予防し、全体的な健康状態を改善できます。

また、グルテンフリー食品の選択肢が増えている現在、以前よりも安全な食事を楽しむことができるでしょう。

小麦食品を食べると調子が悪くなる人

小麦食品を食べると調子が悪くなる人もグルテンフリーはおすすめです。

グルテンフリーを取り入れることで、症状を緩和し、消化器系の健康を改善することが期待できます。

また、小麦を含まない食品の選択は、体調不良の原因を取り除く効果があります。

全体的な健康状態を考慮しながら、適切な食生活を選択することが重要です。

ダイエットなど健康に気を遣っている人

小麦を含む食品は消化に負担をかけることがあります。

そのため、ダイエットなど健康に気を遣う人にグルテンフリーはおすすめです。

グルテンフリーは、低炭水化物であり、ダイエット中の人々にとって非常に有効です。

炭水化物の摂取量を減らすことは、体重管理や血糖値の安定につながります。

しかし、全てのグルテンフリー食品が健康的ではなく、加工されたグルテンフリー製品は糖分や脂肪が多い場合があります。

そのため、グルテンフリーはダイエットや健康維持に役立ちますが、個々の健康状態や栄養ニーズに合わせた適切な食生活の選択が大切です。

まとめ

グルテンフリーは、体に悪いわけではないことが分かりました。

むしろ、以下のような人にはおすすめです。

・小麦アレルギーなどの疾患がある人
・小麦食品を食べると調子が悪くなる人
・ダイエットなど健康に気を遣っている人

ただし、グルテンフリーを実践する際には栄養の偏りに注意し、バランスのとれた食事を心がけることが大切です。

この記事を参考に、ぜひグルテンフリーを試してみてください。